白川の桜めぐり(5) 3月

青龍窟の桜

青龍窟へは等覚寺よりまだ山を登って行く。
ちょうど、平尾台から白川側へ下る途中にある。
平尾台の東斜面にポッカリと大きな口を開けている。

その青龍窟を下ってすぐが、緩斜面の広場になっている。
鍾乳洞から流れ出る小川が流れ、のんびりした空間である。

その広場の斜面には山桜が数多くあり、桜の時期には
目を楽しませてくれる。

青空とカルスト草原を背景に見る桜もまたいいもんである。

ただ、ここの桜の木は大部分が病気にやられてきているのが
残念である。


TOP(白川の里から)へ  白川の四季TOPへ