春 広谷湿原・野焼け後の風景(2)
〜春への芽吹き〜

1週間後の4月始め、再び湿原を訪れた。
あれから1週間しか経ってないのに、焼け野原で黒々としていた湿原付近は
心なしか、ほんのりと緑色に染まろうとしていた。




写真上:平尾台の車道側から見る広谷湿原

湿原を散策していると、あちこちで春の芽吹きが始まっている。



焼け跡の湿原の縁では、ショウジョウバカマが
その薄ピンク色の花を愛らしく広げている。




湿原の回りでは、土筆が一所懸命、その背を伸ばしている。




薄黒い焼け跡の中で、黄緑色のフキノトウが伸びている。


TOP(白川の里)へ 広谷湿原TOPへ 広谷の四季TOPへ