白川地区へのアクセス方法 更新日:2014/11/1

2014年3月に東九州自動車道が行橋ICまで開通しました。それに合わせて、周辺の道路も整備され、行橋周辺の道路は以前とはかなり様変わりしています。
道路は年々変わりますので、アクセス地図は常に最新の地図が参照できる「グーグルマップ」を下記に埋め込み掲示させていただきました。
白川へのアクセスはこのグーグルマップを参考にされて下さい。

・グーグルマップの地図を右クリックしてドラッグすると左右上下に地図を移動できます。
・地図の大きさもマウスのダイヤルで自由に拡大縮小ができます。
・地図内の吹き出しをクリックすると、施設・名所の名前を確認できます。



   車(マイカー)で来られる場合
車で来られる場合は行橋側・苅田側からなどいろいろなルートがありますが、一番わかりやすいのは苅田町の小波瀬病院前を通っている県道254号線です。 小波瀬病院前を走る県道254号線(国道10号線より山側の県道)を道なり南に進み、高城山の山並みを回り込むように西方向へずっと行くと、片島の天神橋あたりに出て、そこからはで小波瀬川沿いの道を進みます。
更に川沿いに進み右手にクボタを過ぎると、白川の入口の「帯田橋」の分岐に出ます。ここから道は二股に分かれ、左に行くと平尾台方面、真っ直ぐ進むと白川地区に入って行きます。

   バスで来られる場合
太陽交通バスが二路線運行しています。
(1)行橋駅からの白川路線
(2)苅田駅・小波瀬西工大前駅から苅田コミュニティバス

*詳細は「太陽交通株式会社のホームページ」の「白川線」及び「苅田コミュティバス」をご覧下さい。

▼ 2014年3月以前の古い地図(手書きMAP)は下記をご覧下さい。

白川地区へのアクセスマップ(2014年3月以前)

TOPへ戻る 白川地区MAPを見る