白川の里から 今週の1枚

No.489 2016年・鬼の唐手岩より初日の出 平尾台
元旦の早朝、平尾台の一角の鬼の唐手岩から初日の出を拝むのが我々の一年の最初の恒例行事である。
今年は年末から安定したいい天気が続き、2016年の元旦の朝も晴天で、例年に比べ、かなり暖かい正月となった。 元旦の早朝AM6:30、まだ薄暗い中、Takeさんの家を愛犬ソラとテンに見送られ出発する。空を見上げると、月と木星が並んで輝いている。 等覚寺から青龍窟への林道を向かっていると、途中で、目の前を綺麗なキジが横切った。 朝から犬、キジと出会ったので、後は猿が出てくると、さしずめ桃太郎である。
青龍窟にちょうど7時に到着するとあたりは少しずつ明るくなってきている。 さあ、急げと青龍窟を出発し鬼の唐手岩へ向かう。あたりは次第に明るくなり、東の空が赤くなってくる。 AM7:25、鬼の唐手岩に到着する。例年であれば、寒くて手足がかじかむのだが今年はかなり暖かい。 AM7:26、カメラをセットしているとあっという間に東の空から2016年のい初日が顔を出してきた。 雲の切れ間から2016年の綺麗な初日の出が上がり始める。 さっそく、記念撮影だ!
お湯を沸かし、温かいコーヒーを飲みながら、昇ってくる初日を眺める。 鬼の唐手岩からは眼下に白川を見おろせ、京都平野が見渡せる。 そしてその向こうの周防灘から初日が昇り、京都平野を照らし始める。 眼下に流れる河川の白川の周辺から白いモヤが沸き始めてくる。日の出とともに気温も上がってきているようだ。
AM7:45、ようやく雲の上に初日が完全に顔を出した。 再び三人で朝日に向かって万歳をする!
鬼の唐手岩の周りの四方台、周防台も朝日で赤く輝き始める。 いよいよ、2016年の幕開けだ!
AM8:10、鬼の唐手岩を後にし下山する。 そして、途中の青龍窟の白山多賀神社奥の院にお参りをして帰る。
初日の出から戻ると、Takeさんとこで美味いお神酒で乾杯だ!
今年は申年。犬、キジ、猿と出揃った。きっといい年になるだろう!
今年も皆様のご健康とご多幸をお祈りいたします!
Taka記、撮影:2016年1月1日


▲ AM7:26、東の空から2016年の初日が顔を出し始める。

▲ 先ずは2016年の初日をバックに記念撮影!

▲ AM7:30、周防灘から綺麗な初日が昇ってくる。

▲ 出たかと思うと、再び雲に隠れる。切れ間から差込む朝日が美しい!

▲ AM7:40、再び雲の上に初日が顔を出し始める。

▲ 陽が昇ってくると、眼下の白川の周辺から白いモヤが立ち込め始める。

▲ 太陽は次第に明るく輝き始める!

▲ AM7:50、漸く初日は雲の上に完全に顔を出す! ご来光に皆で向かって万歳だ!

▲ 鬼の唐手岩の周りの四方台も赤く輝いてくる。

▲ 周防台も明るく輝いてくる。AM:8:10、鬼の唐手岩を後にする。

▲ 下山途中に振り返って、鬼の唐手岩を見る。

▲ 青龍窟東洞口、白山多賀神社奥の院にお参りする。

▲ お神酒で乾杯のTaka&Take。2016年の幕開け、今年もよろしくお願いいたします!

TOP(白川の里)へ戻る 散歩道のTOPへ(過去の写真)