今週の1枚

No.408  洞窟写真展 at 平尾台自然観察センター  〜福岡県北九州市〜


9月に入り平尾台も秋の気配となってきた。そんな平尾台で、今、洞窟写真展が開催されている。 平尾台の中心部にある>平尾台自然観察センターにて2012年9月1日〜10月30日までの予定で開催されている。 今回の洞窟写真は平尾台の東部にある「青龍窟(せいりゅうくつ)」の内部の写真展示が主体である。 写真撮影は青龍窟の地元の苅田町町民及び町職員の有志で結成された「青龍窟撮影プロジェクト」であり、私もそのメンバーの一人として参加させていただいている。 撮影は今年の2月から開始され、既に数回撮影を繰り返してきた。まだ撮影の途中段階ではあるが、今回はその中間成果としての展示である。
今回の青龍窟写真の内容は入口の東洞ホールから始まり、地下の水流、九大記念ホール、そして奥部の白龍窟までの写真である。 青龍窟の特徴である白い大理石の湾曲した水流、そしてフロ−ストーンなど鍾乳石の写真を含め全部で二十数枚の写真が展示されている。 青龍窟は観光化された鍾乳洞でないので、普段は見ることができない内部の写真をこの写真展で見ることができる。 平尾台散策で訪れた際には是非、自然観察センターに寄って見ていただければ幸いである。 Taka記、撮影:2012年9月1日

平尾台の中心部にある平尾台自然観察センター。
平尾台のことはここで全てわかります。


開館は9:00-17:00まで。休館日は毎週月曜日です。


洞窟写真は自然観察センターの1F階段下ロビーで展示されています。
詳細な展示写真はお見せできませんので是非会場でご覧下さい。

TOP(白川の里)へ戻る 散歩道のTOPへ(過去の写真)