今週の1枚

No.391  白川4訓で大きくなった六年生〜白川小授業参観〜 (苅田町)  更新日:2012/2/20



白川四訓
今日は、白川小学校の授業参観であった。 以前から、小生は出席できないだろうと思っていたが、偶然、ひどい風邪を引いてしまった(インフルではなかった)。 午前中は布団の中にいたが、午後からマスクをして小学校をのぞいてみた。
6年生の娘にとって最後の授業参観である。入学した頃は、ランドセルが大きかったのが、今では小さくなった。 以前、白川小学校4訓を紹介したことがあるが、教室の前に大きく掲げてあった。
「こんな白川小の子どもに」という題で、@辛抱強く、A楽をせず、B考えて、Cチームワークを大切に、何事も取り組めというありがたい教えである。 授業参観というよりも、親御さんへの謝恩会のようであった。 自分たちで作ったサンドウィッチとコーヒーや紅茶などの飲み物を、お世話になった先生や親御さんと会食するのだ。
途中、クラス全員によるリコーダー演奏とグリーンの「遙か」を合唱。 最後はみんなの夢を披露。看護師になりたい、獣医になりたい、プロ野球やサッカー選手になりたい、水泳選手になりたい、パン屋さんになりたい、自分のブティックを持ちたい、など希望溢れる頼もしい夢が披露された。
親としてはちょっと切なさと頼もしさ、はずかしさが交錯してしまい、子どもが少し手から離れていくようで感傷深い授業参観であった。 白川小4訓のおかげだろうか、よくもこんなに立派に育ったものだと感心した次第である。 ご指導戴いた先生方には本当に感謝します。ありがとうございました。

Take記、撮影:2012年2月16日

感謝の会


TOP(白川の里)へ戻る 散歩道のTOPへ(過去の写真)