今週の1枚

No.352  油木ダムと紅葉  〜福岡県添田町〜


英彦山に紅葉を見に出かけた。行橋方面から英彦山へ行くルートは、祓川沿いに伊良原から野峠ルート、香春町から英彦山川沿いに上がるルート、そして今川沿いに赤村から油木ダムを経て薬師峠へ上がるルートなどがあるが、一番よく使うルートが油木ダムのルートである。 今回も油木ダム経由で出かけた。
油木ダムは英彦山を水源とする今川の上流部の添田町にあり昭和47年に作られ、北九州市や行橋市、苅田町の水源として利用されている。その油木ダムから流れる今川は添田町から赤村、みやこ町、行橋市を通り周防灘へ流れる二級河川である。
油木ダム沿いの道を走っておると、道路沿いの木々の紅葉が始まっていた。紅葉はまだまだこれからが本番であるが、結構、いい感じの雰囲気であったので、長いダムの途中途中で車を止め、写真を撮った。 今まで横を素通りすることが多く、水をたたえたダムをゆっくり見ることがなかったが、ところどころに駐車場がありダム湖を眺めることができる。ダム湖畔では多くの人が釣りを楽しんでおり、また車を止め弁当を食べている人達も見られた。 いっぱいの水をたたえた油木ダムはいよいよ秋本番を迎えようとしていた。
Taka記、撮影:2010年10/31

油木ダム上流部


油木ダム中域部



道路沿いの紅葉





ダム堰堤付近から上流側を眺める


油木ダム堰堤部


ダム概要の看板


TOP(白川の里)へ戻る 散歩道のTOPへ(過去の写真)