今週の1枚

No.349  2010涼を求めて、青龍窟探検!  〜福岡県苅田町白川〜



うだるような暑さ! 今年の夏は一際、熱い!
この夏、学童保育のない白川小の4、5、6年生を対象に子どもの居場所作りを苅田町が行っている。 来年に向けての事業で、熱心な親御さんと福岡県立大が加わり試行的に白川小でやっている。 その一環で、今回は青龍窟探検となった。
青龍窟といえば、takaさんの出番だ!M田さんも駆けつけてくれた。 子どもの入洞者は24名。大人のサポーターは西大生、県大生、親御さんをいれて10名。総勢34名の大所帯だ。
子ども達の服装は、長ズボン、長袖シャツと運動靴だ。準備していたヘルメットとヘッドライトを配り、準備万端整った。 4年、5年、6年の順に一列縦隊。その間に大人を配置した。そろったところで、あめ玉を配り、taka隊長を先頭に洞口ホールへと向かった。
洞口ホールにてtaka隊長が諸注意を訓示。いつもは元気な子ども達だが、未知の世界を前に、少し緊張気味だ。 さて、ヘッドライトを点灯し、入洞だ! 洞内に入るとそこは暗闇の別世界!気温17〜18℃と、涼しい!まずはコウモリがお出迎え。さらに奥へと進むと、地下の川に足を踏み入れた。 「冷たい〜!気持ちいい〜!」の連発で、子ども達は大はしゃぎ。大理石の川では「きれい〜!わあ〜! キャー!」とみんなびっくり。 腰をかがめたり、這いつくばったりでさらに奥に進む。目標の滴下水を通り越し、折り返して帰路につく。観光洞を反対側から出てきて、全員無事帰還! 青龍窟前にて、集合写真をパチリ。

青龍窟探険の後は、等覚寺の公民館でお母さん達が作ってくれたソーメンをみんなでいただいた。
出洞後の感想:
@青龍窟という、すばらしいところが白川にある事を知った。A気持ちよかった。Bおもしろかった。等、白川の自然を知って、とても感激したようだった。 これで夏休みの思い出が一つ増えた。 今回の青龍窟探険はたぶん一生の思い出になるだろう。
takaさん、M田さん、苅田町役場の方々、親御さん、福岡県立大の先生、学生さん、西工大の学生さん、地域の老友会の方々のおかげで良い思い出ができました。 ありがとうございました。
Take記、撮影:2010年8/10

青龍窟下にて準備


元気な子供たち


さあ!入るぞー!


サポートスタッフの大学生


一列縦隊で出発!


東洞口へ降りる


東洞口ホールでの集合写真!


注意事項の説明


下層へ降りる


わー!真っ暗〜


わー、涼しい〜




楽しい〜


余裕のピース!


わー、狭いぞ〜


狭い!暗い!


大理石の水流だ〜


冷たい〜


余裕だ〜!


滴下水にて


ピース!


こちらもピース!


最後の岡田さんホールにて


そろそろ出洞。名残惜しい〜!


無事に出洞!万歳〜!


ソーメンだ!


TOP(白川の里)へ戻る 散歩道のTOPへ(過去の写真)