金色に輝く草原の中で・・・ 4月の平尾台


4月の平尾台
野焼きの後の平尾台の草原は一旦、モノクロームに変わる。
そんな中、焼けずに残った跡は以前の枯れ色が残ったままだ。
それは、時には芸術的な幾何学模様を浮かび上がらせる。
ほんのりと緑を帯びた地肌と冬の名残の枯れ色が混在するおもしろい草原である。



平尾台でも広谷湿原周辺は野焼きは行われない。
野焼きで黒々とした風景を見ながら中峠を越えて広谷へ向かうと
そこにはまだ冬枯れ色の草原が広がっていた。



そこは、また別の世界が広がっているかのように、静かな草原が佇んでいる。
まわりは、春の芽吹きで緑の世界へ変わりつつあるのに、
ここはまだ季節の波から 取り残されているかのように、静かな動きだ。
広谷湿原を見ながら、更に舗装道を歩いて登っていく。



舗装道から、広谷台のほうへ足を延ばして見る。
黄色い草原の中をかき分けるように入って行く。
草原が動き、自然に道が広がって行く。



風が流れると、さざなみが立つように草原も揺れる。
陽の光に照らされ、草原が金色に輝く。
ここにはまた平尾台の春の別の顔がある。



春にしては珍しく、吸い込まれるような青空に向かって、
金色の草原が流れて行く。 永遠の彼方に続くように・・。



草原を行く人影が、次第に草原に飲み込まれて行く。
その姿は小さくなり、やがて青空と金色の草原の狭間に吸い込まれていく。



突然、目の前の草原が開けた。
眼下に広がる白川の里がほんのりと霞んで見える。
春なんだ。
少し遅い春の風がさーっと横を通り過ぎた。



4月中旬の平尾台にて(2002年)


TOP(白川の里から)へ  平尾台の風TOP