サワギキョウ(沢桔梗)

山野や高原の湿地に生える多年草。
8月初旬、サギソウが湿原に咲き始め、しばらくすると紫色のサワギキョウも姿を見せ始める。
サワギキョウの花は下から上に咲いていくので、花期は長く、サギソウが姿を消した後もしばらく咲いている。
紫色の綺麗な花を総状につけ、花の形は唇形で長さは3cmほどである。キキョウ科とは思えない花の形をしている。

ススキの穂が出始めた初秋の湿原に久しぶりに行ってみると、案の定、紫色の花をつけたサワギキョウが背を伸ばしていた。
ふと湿原内を見ると、踏み跡がいっぱいついている。どうやら、サギソウのシーズンに観覧者が湿原内に入り踏み固めたようだ。湿原の植物はか弱いので、できるだけ中を踏み荒らさないように気をつけてほしいものだ。

木道でしばらく湿原を眺めていると、サーっと風が通り抜けた。少し、肌寒いほどで、着実に平尾台には秋が足早に訪れてきている。

キキョウ科ミゾカクシ属、花期:8〜10月
分布:北海道〜九州


観察地:平尾台広谷
撮影日:2000.10.1
撮影環境:Canon EOS5 EF100macroF2.8

TOP(白川の里)ページへ 平尾台の草花TOPページへ